Profile of toshiokishimoto.com



toshio-left-sepia-2019-1×1.jpg


PROFILE

岸本寿男 Toshio Kishimoto

1954年高知県生まれ。尺八奏者。医師。

国立感染症研究所室長, 岡山県環境保健センター所長を経て, 現在, 公益財団法人 岡山県健康づくり財団 健康づくり総合センター保健部長・附属診療所長。

13歳から尺八を始め, 都山流師範に。1980年代から尺八とギターのデュオを結成しオリジナル曲の演奏を始める。

1993年米国ワシントン大学留学中に, シアトル在住の彫刻家・ジョージ蔦川氏のテレビドキュメンタリー番組の挿入曲の作曲と尺八演奏を担当し「1994年度米国北西地域エミー賞 作曲賞」を受賞。

1996年, CD『Sky&Wind』, 2004年, CD『Memories』発表。病院やホスピス, 福祉施設等での演奏をする傍ら音楽療法にも係わり, 2004年には日本音楽療法学会の全国大会を岡山で大会長として開催, 啓発をすすめている。2009年, ギタリスト田中彬博氏とのデュオオリジナルCD『夜が明けたら』を発表。

国も時代も軽々と超えていくジャジーでソウルフルな即興演奏は, 古典楽器としてのイメージを鮮やかに塗り替えて「尺八」の新たな世界を拓いている。

岸本寿男ホームページ http://toshiokishimoto.com/